(岩沢さん(仮名)/47歳女性/京都府在住/職業:ソムリエ)

長年賃貸住宅で、暮らしていましたが年齢も高くなり将来に対して不安が出てきました。
このまま、ここで一生を終わるのかと思うと考えてしまいます。
それで思い切って庭付き一戸建てを購入することに決めました。
手軽なマンションと迷いましたが、やはり土地付きの方が資産として価値があると感じました。
それと、マンションの場合はローンが完済しても管理費や積立金などのお金がかかります。
それらを、考慮すると一戸建ての方がいいかなと思いました。
今まで、賃貸で庭がない生活だったので庭でお花を育てる事が出来るのが一番楽しみです。
そして、購入の段階になり契約の説明を聞いていると頭金以外にさまざまな諸経費がかかります。
税金や印紙代など、結構高額になります。
この諸経費の分は、予想していましたがそれ以上に高額で驚きました。
それで、貯金は全て出しているのでキャッシングで借りることにしました。
しかし、いつものようにキャッシングで、翌月返済ではなく均等に払えるリボ払いをお願いしました。
それは、これから住宅ローンが開始します。
それと合わせてキャッシングの返済も出てきます。
出来るだけ支払いの額を抑えておきたいからです。
初めに、無理をすると途中で破綻するとよく聞きます。
キチンとローンを、完済するために自分で無理のない範囲に返済額を」してもらいました。
リボ払いの、おかげで返済の額も低くすることができゆっくりと余裕を持って支払いができます。