(松川さん(仮名)/39歳男性/石川県在住/職業:カスタマーエンジニア)

元々カスタマーエンジニアなので仕事上で動くことはそう多くないのですが、最近は年齢のせいか、だんだんと代謝が落ちてきているようで、以前のようにはすぐに体重が減らなくなってしまいました。
外出先でショーウィンドウに映った自分の姿を見て、「このままではいけない!」と思いました。自分が思っている以上にお腹周りがでっぷりとしてきているのに気が付き、何とかしなくてはいけないと焦りました。
その足でまっすぐ自宅でダイエットするための器具を購入に行きましたが、思っていたよりも金額が高く、購入するのを迷いました。購入を諦めようかと思いましたが、「思い立ったが吉日」という諺もあることを思い出し、キャッシングして購入することにしました。
即日融資が可能かどうかが心配でしたが、すぐにキャッシングを利用することが出来ました。
痩せてスリムになりたいという気持ちが萎えてしまう前に効果を出したいと思い、毎日ダイエット器具を使って運動するのが日課になりました。せっかく購入したダイエット器具が無駄にならないよう、運動すると同時に、ビールも控えめにするようになりました。
そのせいか段々とベルトがゆるくなってくるのが快感で、ますますやる気が出てきます。
最近では同僚から飲みに誘われても、2回に1回はパスして、その分の飲み代をキャッシングの返済に充てています。
キャッシングして、ダイエット器具を購入してよかったと思うことが出来るように、今日も自宅でダイエットのための運動に励んでいます。