キャッシングの金利の上限はどのくらい?

 キャッシングに際して適用される法律には利息制限法と出資法のふたつがあります。この違いを端的にいうならば「刑事罰があるかないか」の差です。刑事罰があるのが出資法で違反した場合は免許の取り消しなどがあります。
2010年に貸金法の改正があり、現在はキャッシングに際しては上限金利がどちらも20%になっています。それまでは利息制限法の上限は20%で出資法は29.2%でした。しかも、最大の問題は利息制限法は「本人の同意があれば上限金利を超えることが可能」なことでした。ですから、20%から29.2%の間をグレーゾーンと呼び、利用者の無知につけこんで違法な金利を取ることがキャッシング業界では横行していました。
しかし、法律の改正により現在はキャッシングにおけるグレーゾーンは存在しなくなり、しかも利息制限法と出資法の上限金利は同一になっています。因みに、貸金法の改正により「払いすぎていた利息分の返還を求める動きが多発」し、貸金業者が倒産や廃業に追い込まれる事例が多くありました。
このように貸金法の改正により現在は20%を超えた金利は設定してはいけないことになっていますが、貸し出す金額に応じて細かく設定されています。
出資法は20%だけですが、利息制限法は3段階に分かれています。10万円までですと20%、10万円から100万円ですと18%、それ以上金額は15%となっています。仮に、この上限金利を超えた分は無効となり、業者は行政処分を受けることになります。また、出資法の上限金利を超えているなら刑事罰の対象となります。